愛の数だけ花束を

精一杯生きてるおたく

本当の愛とは何なのか?(オーバーリング・ギフトを見ました)

※オーバーリング・ギフトについて。大きなネタバレを書くつもりはないですがネタバレ含むと思います。まだ見てない方で一切ネタバレを見たくない方は記事を読まないことをオススメします。




オーバーリング・ギフトを観劇しました。

6月16日 19時の回です。


感想を一言で表すと「ハッピーエンドだけど本質的にはバッドエンド(メリーバッドエンドって言うのかな?)」でした。


役者さんについて簡単に感想。


猪塚健太さん(実は推し)

歌もダンスも上手くなったと思う。ミュージカル経験はそんなにないけど、何か想いを伝えようとその気持ちがものすごく伝わる。なんか安定感がある。声が好き(個人的に)


溝口琢矢さん

この人は本当にすごい。この人も安定感がすごい。魅せ方がダントツだと思った。くるくる変わる表情や仕草、ダンス、歌、こんなにすごい人だと思ってなかった。言葉のない演技の魅力。


島ゆいかさん

初舞台とは思えないくらい堂々としていてかっこよかった。伸び代がありすぎる。歌の部分でああおしい!!!!って思うところがあったけど(デュエットしてる人がすごいのもあって)まだまだ20歳、これから。すごい才能。そして可愛い。


富田健太郎さん(この子も推し)

こんな歌い方や表情できるんだって驚いた。これからも応援したいと思った。少し歌があれなところがあったけど。でも新たな魅力がありずきてこれからが俄然楽しみになった。切ない表情がなんとも言えない。


風間由次郎さん

嫌な役。でも嫌な役ができるってすごいよね。正統派な役はできても嫌な役をこなせる人ってそんなにいないと思う。それをやってのけてしまう人。踊りに圧巻。


中村百花さん

今回の私の中での1番のダークホース。歌が上手すぎる。歌い出しと歌い終わりの音が綺麗すぎる。佇まいが素敵すぎる。この人の歌で大号泣した。


加藤潤一さん

ものすごくパパ。安定感ありすぎ。舞台上にいるだけで落ち着く。そして歌と表情が良すぎる。喜怒哀楽の表現がとてもよかった。何よりその表現に説得力があった。


脚本はとてもらしさがある。荒削りで模索しててそれこそ伸び代がある!!って聞いてたし確かに「え?まじ?私なら絶対そうしないわ」とか「いやいやいやそんなわけ〜」とか思うところもあったのですが、個人的に。でもね世界観がちゃんとしてたと思う。


音楽も素敵なんです。私ピアノから入る音楽と中低音がバリバリになってる音楽が大好きなんですけど、今回ピアノから入る曲が多くてとても好みでした…。ほんと力入ってる。印象的な歌が多くて一回見ただけですっと入ってきて覚えてしまう曲が多い!


いやほんとに全人類見て。

初めての作品だから少し「ん?????」ってなるところもあるんだけど、そこも含めて成長過程だと思うと本当に観る価値がある。むしろ一発目だよすごいよ。ぜひ目撃者になってほしいです。


あとこの作品、ほんとメリーバッドエンドだと思う。詳しくは公演期間終わったら書くけど、光に向かって進んでいこうって感じで終わるのに、みんな1番大切なものは失うんですよね。だから本質的にはハッピーエンドじゃない、バッドエンド。それでもみんな明日を見ていて、前を向いていて、彼らの未来が幸せであってほしいと思うと、あの結末はハッピーエンドなんだなって思うんです。ううん、そう思いたい。


それこそみんなハッピーな終わり方かそうでないかの二極端なのかなって思ってたけどやっぱりそんなことなかった!いやもうまさかだったわ!動画とか見た方はなんとなくフラグ立ってるじゃん!って思うかもだけどさ!(私は思った)ハッピーエンドなのにバッドエンドって1番きつい。


きっとこれは物語の中だけでなく、私たちの日常生活に普通にあることだと思う。愛とは何か?家族とは何か?才能とは何か?人間とは何か?ぜひ苦しんでる人たち見てほしい。答えは出ないかもしれないけど、答えにたどり着く道しるべになるかもしれない。


素敵な時間でした。

キャストの皆様、並びにスタッフの皆様、素敵な時間を本当にありがとうございました。

もっと大きい箱で見たい!