愛の数だけ花束を

精一杯生きてるおたく

本当の愛とは何なのか?(オーバーリング・ギフトを見ました)

※オーバーリング・ギフトについて。大きなネタバレを書くつもりはないですがネタバレ含むと思います。まだ見てない方で一切ネタバレを見たくない方は記事を読まないことをオススメします。




オーバーリング・ギフトを観劇しました。

6月16日 19時の回です。


感想を一言で表すと「ハッピーエンドだけど本質的にはバッドエンド(メリーバッドエンドって言うのかな?)」でした。


役者さんについて簡単に感想。


猪塚健太さん(実は推し)

歌もダンスも上手くなったと思う。ミュージカル経験はそんなにないけど、何か想いを伝えようとその気持ちがものすごく伝わる。なんか安定感がある。声が好き(個人的に)


溝口琢矢さん

この人は本当にすごい。この人も安定感がすごい。魅せ方がダントツだと思った。くるくる変わる表情や仕草、ダンス、歌、こんなにすごい人だと思ってなかった。言葉のない演技の魅力。


島ゆいかさん

初舞台とは思えないくらい堂々としていてかっこよかった。伸び代がありすぎる。歌の部分でああおしい!!!!って思うところがあったけど(デュエットしてる人がすごいのもあって)まだまだ20歳、これから。すごい才能。そして可愛い。


富田健太郎さん(この子も推し)

こんな歌い方や表情できるんだって驚いた。これからも応援したいと思った。少し歌があれなところがあったけど。でも新たな魅力がありずきてこれからが俄然楽しみになった。切ない表情がなんとも言えない。


風間由次郎さん

嫌な役。でも嫌な役ができるってすごいよね。正統派な役はできても嫌な役をこなせる人ってそんなにいないと思う。それをやってのけてしまう人。踊りに圧巻。


中村百花さん

今回の私の中での1番のダークホース。歌が上手すぎる。歌い出しと歌い終わりの音が綺麗すぎる。佇まいが素敵すぎる。この人の歌で大号泣した。


加藤潤一さん

ものすごくパパ。安定感ありすぎ。舞台上にいるだけで落ち着く。そして歌と表情が良すぎる。喜怒哀楽の表現がとてもよかった。何よりその表現に説得力があった。


脚本はとてもらしさがある。荒削りで模索しててそれこそ伸び代がある!!って聞いてたし確かに「え?まじ?私なら絶対そうしないわ」とか「いやいやいやそんなわけ〜」とか思うところもあったのですが、個人的に。でもね世界観がちゃんとしてたと思う。


音楽も素敵なんです。私ピアノから入る音楽と中低音がバリバリになってる音楽が大好きなんですけど、今回ピアノから入る曲が多くてとても好みでした…。ほんと力入ってる。印象的な歌が多くて一回見ただけですっと入ってきて覚えてしまう曲が多い!


いやほんとに全人類見て。

初めての作品だから少し「ん?????」ってなるところもあるんだけど、そこも含めて成長過程だと思うと本当に観る価値がある。むしろ一発目だよすごいよ。ぜひ目撃者になってほしいです。


あとこの作品、ほんとメリーバッドエンドだと思う。詳しくは公演期間終わったら書くけど、光に向かって進んでいこうって感じで終わるのに、みんな1番大切なものは失うんですよね。だから本質的にはハッピーエンドじゃない、バッドエンド。それでもみんな明日を見ていて、前を向いていて、彼らの未来が幸せであってほしいと思うと、あの結末はハッピーエンドなんだなって思うんです。ううん、そう思いたい。


それこそみんなハッピーな終わり方かそうでないかの二極端なのかなって思ってたけどやっぱりそんなことなかった!いやもうまさかだったわ!動画とか見た方はなんとなくフラグ立ってるじゃん!って思うかもだけどさ!(私は思った)ハッピーエンドなのにバッドエンドって1番きつい。


きっとこれは物語の中だけでなく、私たちの日常生活に普通にあることだと思う。愛とは何か?家族とは何か?才能とは何か?人間とは何か?ぜひ苦しんでる人たち見てほしい。答えは出ないかもしれないけど、答えにたどり着く道しるべになるかもしれない。


素敵な時間でした。

キャストの皆様、並びにスタッフの皆様、素敵な時間を本当にありがとうございました。

もっと大きい箱で見たい!

未来への約束

こんばんは!

前の記事でたぶんこれからドリフェスについてばっかり書くと思いますー!って書いたのですが…。

今回も、鎌苅さんのことについて書きます。

5月27日に、ミュージカルテニスの王子様のDREAM LIVE、通称ドリライに行ってきました!

久々のドリライは本当に楽しかったです。

観に行った理由について、1番はもちろん、鎌苅さんが出るからです。

1ヶ月くらい前ですかね?

ゲストで出ますー!って発表があり、即座に「行く!行かなきゃ!呼ばれた!」ってチケットを探しました。

座席はどこだっていい、一目見れればそれでいい、そんな気持ちでした。

何とかお友達が一般で取ってくれたため、無事会場に行けました。

テニミュ3rdシーズンは必ず1公演は観ていたので誰が出てるかとか新しい曲ももちろんわかっていました。(キャストさんはうろ覚えなところもありましたが…)

いつ見てもいいなあって思えるんですよ、テニミュ

私、テニミュは1stシーズンから見ているんです。

懐古?古参?ですかね、こういう人って。(笑)

でも新しく見に来てくれる人が悪いとは思っていないです。

むしろ見知ってくれてありがとうって気持ちと、会場まで来てくれてありがとうって気持ちと、いつもどんな時も私の大好きなテニミュを盛り上げて、どんどん時代を繋いでくれてありがとうって気持ちでいっぱいです。

今応援してくれる熱いファンがいるから、私のような古いおたくも安心してテニミュに帰れます。

そして、ゲストの人たちがテニミュに行くことができます。

鎌苅さんは過去にビデオレターで出演したこともあったんですけど(これは本当にサプライズでこの時も泣き崩れました)、本人があの会場に出るのは初めてでした。

出てきた瞬間の歓声を、今でも思い出します。

もちろん他のゲストさんたちもいたけど、「ケンケン」って呼ぶ声が沢山していて、ものすごく嬉しくて、叫んでくれてる人ひとりひとりにありがとうって言って回りたいくらい嬉しかったです。

まさかのまさか、宍戸さん役の楠田さんもいて、もうほんとにこんな幸せな時間をありがとうって何度も思いました。

宍戸さんってよく「キャストに恵まれてるよね」って言ってもらえることが多いんですよ。

鎌苅さんから始まって、村井さん、桑野くん、そして現キャストの小早川くんまで繋がって。

みんな素敵な人たちなんですよ、ほんとに。

感謝の気持ちでいっぱいです。

久しぶりのジョイント、ドラァ、一球入魂。

テニミュに沢山通っていた日々を思い出しました。

ドリライの選曲もダンスも1stシーズンや2ndシーズンを思い出させるものが沢山あって!

曲が変わるたびに「うわああああ」とか「ヴッ」とか言ってた気がします。(記憶が飛んでます)

あとですね、何よりも。

「Season」を歌い継いでくれてありがとう。

この曲は特に思い入れのある楽曲で、みんな聴くと泣くという素晴らしい楽曲です。

もちろん初披露の時も、ドリライ3rdの時も、全国氷帝凱旋の時も、ドリライ2011のときも、本当に涙を誘う一曲です。

特におすすめは1stシーズン、全国氷帝の凱旋公演の時のseasonです。

ぜひ探して見てみてください、絶対泣きます。

私はこの時の鎌苅さんが1番好きと言っても過言ではないくらい好きなんです。

自分のパートを歌っている時、泣くのを堪えてごまかして舌打ちするんです。

ああ、宍戸さんだなって思えるシーンです。

この人で良かったなって思った瞬間です。

3rdシーズンではいつ歌うんだろうと思っていた一曲。

まさかここで来るとは、といった感じです。

よくこの曲を歌うことに関して意見が割れるのですが、私は素敵な楽曲だからこそ、ずっとずっと歌い継いでいってほしいです。

スケジュール的に凄くハードな1日でしたが、行って後悔はありません。

むしろ行って良かったです。

(実はトンボ帰りで地元に戻り、すぐ会社の飲み会でした(笑))

でもまた会場で素敵な方々との出会いもあり、こういうのがあるからテニミュっていいんだよな〜って再確認でき日でもありました。

あ〜楽しかった!はやく東京に住みたい!

どんな言葉で伝えよう

こんばんは。


今日はドリフェスのアプリが1周年を迎えました!

私がドリフェスを知りここまでどっぷりとはまったのはここ半年くらいの話なので、あんまり詳しいことは語れませんが…。

ただ記念すべき時に立ち会えたのは本当にうれしい限りです。

やはり一つの作品なので、期間が限られていることは理解しているんですけどね。

でもやっぱり思うのは、この先ずっとずっと続いてほしいのが本音です。

最後となるその日まで応援し続けますよ~!

 

てことで今回はドリフェスについて書こうと思います。

 

初回はどうしても私の1推しの鎌苅健太さんのことを書きたかったので書きましたが、これからはドリフェスメインできっと書きます。たぶん。

 

 

私とドリフェスとの出会いは友人の勧めです。

元々テニミュアミューズつながりでツイッターでつながっていたのですが、まさか彼女から勧められるとは思ってなかったです。

 

「ドリフェスをよろしくお願いします!」

DearDreamをよろしくお願いします!」

「アプリダウンロードするだけでもいいから!」

「ダウンロードしたら少しやってみて!」

「わからないことがあれば教えるよ!」

「アニメ1話は無料だから時間あったら見てみて!」

 

まるで営業マンのようでした。

でも彼女の素晴らしいところは、決して強要はしないところでした。

 

「調べてくれてありがとう」

「ダウンロードしてくれてありがとう」

「アニメ見てくれてありがとう」

 

いつもどんな小さいことにも感謝を伝えてくれました。

そしてそこからドリフェスのいいところを伝えてくれるのです。

 

「アニメが進むにつれておもしろくなるよ」

「このシーンが泣けるよ」

「この映像がいいよ」

「この歌がいいよ」

 

たぶん、だからこそ私は少しずつ興味を持ったのだと思います。

 

 

ドリフェスを見て思ったのは、本当にキラキラした青春が沢山詰まった物語だということです。

 

見ているのが少し恥ずかしくて、たまにぶつかって、だからこそ喜びが何倍にもなって。

ライバルがいて競いあって、もっともっといいものが生まれていく。

 

たぶん中学とか高校とか、何かしら頑張ったことがある人にとっては、あんなにまっすぐに進む彼らに懐かしさを覚えるのではないかと。

そういう経験がない人でも、素直にその姿勢が羨ましくなるのではないかと思うのです。

 

 

もう社会人になって何年も経つ私ですが、彼らと同じ年くらいの時は夢を持っていて、たしかにまっすぐ前を見て、進んでいたなあと思いました。

 

段々と年を重ねるにつれて、その夢とは裏腹に現実を見るようになり、大体の人は夢よりも安定を求めて過ごすようになると思うんです。

それは私もなんですけどね。

だからこそまっすぐに道を進んでいる彼らが羨ましくて、懐かしくて。

 

奏君の「夢中になれる何かを探していた」ってセリフがあるのですが、私にとってはその「何か」こそが「ドリフェス」なんだと思います。

 

 

ドリフェスにハマる理由のひとつとして、楽曲の良さもあると思います。

どの曲も本当にいわゆるはずれがないんですよ。

色んなテイストがあって飽きないんです。

 

私が何より好きなのは「歌詞」です。

「君と」「ありがとう」「一緒に」等々、ファンと一緒にって言葉が多いと思います。

あげたらきりがないくらい素敵なフレーズが多いのです。

ひとつひとつの歌詞が寄り添ってくれるような、そんな気持ちになります。

 

 

キャストの方々も素敵な人たちばかりです。

追々ひとりひとりについて書きたいなあとは思うのですが。

本当にどうしてこんなに素敵な人なんだろうと思える方々しかいないんですよ!

いや昔からハンサムライブ等々行っていたのでアミューズさんの俳優さんが素敵なことは知っていたのですが、本当に、本当に素敵な方々なのです。

 

初回でも書いたのですが、所謂若手俳優さんを応援して10年以上になります。

10年も応援していたらですね、色々あったんですよ、本当に。

ここで書ききれないくらいには本当に色々なことがあったんですよ!

だからこそ、とても失礼なことだとは思うのですが、その人を疑ってしまうこともあるんですよ。

 

でもなんとなく、本当に一個人の気持ちですが、彼らはこう、すとんと心に落ち着いたというか、何と表現すればいいのかわからないのですが、すっと入ってきたのです。

ずっと見続けて、応援していきたいなと思わせてくれる方々です。

もしまだキャラクターしかわからない!って方がいましたら、ぜひ!ぜひキャストさんたちも知ってみてください!

 

 

あとは何と言っても、周りで良くしてくれる方々がいるからです。

やっぱりひとりで応援するより、誰かと応援できるのは楽しいです。

本当に、いつもいつも感謝しかないです。

きっとこんな素敵な人たちが身近にいなければ、たぶんここまで応援していなかったです。

 

みんながいるから楽しいです。

みんなといるから楽しいです。

悲しいことも辛いこともあるけれど、みんながいる空間にいると元気が出ます。

 

ここをお借りして、感謝いたします。

これからもよろしくお願いします。


そして何よりも、これから続く彼らの未来が素敵なものでありますように。

本当におめでとうございます!

これからもずっと!応援し続けます!


読んでいただきありがとうございました。


君とたどり着くその先へ

突然ですが、推しが結婚しました。



もう追いかけて10年以上。


そろそろこんな日もくるんだろうなって思ってました。

ううん、正直まだまだだと思ってた。

年齢的にはもういつでもおかしくないけど、何となく雰囲気が変わったけど。


それでも私のいちばんは今までと何ら変わらず、そこにいてくれるんだと思ってました。


でもあの時、あの瞬間。

私が見てきた世界は一瞬にして変わりました。


例えるなら、大好きなお兄ちゃんが結婚する感覚。

初恋の人が結婚する感覚。

憧れの人が結婚する感覚。


嬉しくいことだし、おめでたいことだし、本当に心から祝福できました。


でもなんだか心に引っかかるものがあって、気持ちを整理するために、これを書いています。


彼と出会ったのはもういつだったか忘れてしまうくらい前のこと。

ミュージカル テニスの王子様、通称テニミュの他校キャストとして抜擢された彼。

とても人気の学校、人気のキャラクター。

彼自身もとても可愛い顔をしていて、私も魅了された一人でした。

関西人ということもあり、明るく、面白いことが大好きで、とても仲間を大切にする人。

そして何より、家族を大切にする人。

そんな姿に惹かれていき、いつの間にかここまできました。


彼は一度、俳優を休業したことがあります。

「病気」とだけ公開され、詳しいことは今でもわかりません。

ファンの中で様々な憶測がありましたが、本当かはわからないままです。


その頃の彼は舞台の主演やアニメの声優を務めるなど多忙を極め、まさに人気の階段を駆け上がっていました。

きっとこのままもっと階段を上っていくんだろう。

本当にこの時はそう思っていました。

だから、まさか急に目の前からいなくなるとは思ってもみなくて、ショックで泣いたのを覚えています。


一年です。


復帰の目処もないまま待ちました。

お知らせすら更新されないブログを見続けました。

絶対帰ってきてくれる、そう信じて待つしかできませんでした。


一年近く経った時、ブログの更新がありました。

療養中のこと、日頃のこと、久々に見る彼、嬉しくて嬉しくて、この時も泣きました。


そして、復帰の日が決まりました。

彼の誕生日でした。


写真集やDVDの発売も発表され、本当に戻ってきてくれたと実感しました。

その後は順調に舞台などをこなし、今に至ります。


私なりにたくさん会いにいきました。

たくさん彼の姿を見に行きました。


いつでも彼は輝いていて、真っ直ぐて変わらなくて、彼を見るたびにどこかホッとする自分がいました。


そんな彼が結婚しました。

幸せな気持ちと、少し切ない気持ちでいっぱいでした。


彼の幸せを思って応援してきました。

だから、本当に嬉しくて、おめでたいことです。

でも一方で、少し複雑な気持ちもあります。

なんだか寂しいという気持ちです。


嬉しかったのは、彼が選んだ奥さんをみんな褒めてくれること。

いい人もらったねって言ってくれること。

当たり前だよ、だって彼が選んだ人だよ?って少し自慢気に思ったり。


あとは、沢山の人が祝福してくれること。

ファンはもちろん、お仕事関係の方々、沢山の仲間たち、友人、本当に沢山の人がお祝いしてくれました。

きっとこれは彼が培ってきた信頼関係の賜物なんだろうなって思います。


本当に、彼は私の自慢です。


彼は人として尊敬できる人です。

家族や仲間、友達を大切にできる人です。

自分が病んでしまうくらい、相手のことを考えられる人です。

とても優しい人です。

大切な人を、大切にできる人です。


そんな彼がいちばんで良かった。

たぶんきっとこの先も、いちばんなことには変わりません。

私は彼が大好きです。


もっともっと素敵な景色を一緒に見てみたいから、だからずっと、その笑顔で輝いていてください。


あなたに出会えて良かった。

あなたと出会えて人生が変わった。

あなたのおかげで今があります。


心から本当に、ありがとう。

そして、結婚おめでとう。

次会う時も笑顔で会おうね。


向日葵みたいなあなたの笑顔が大好きです。

あなたと過ごした瞬間が、涙が出るほど大好きです。